生命保険と聞くと分かりづらいイメージがありますが、ある程度の知識を持っておかないと保険料を払いすぎて損をすることがあります。 生命保険(契約時に虚偽があると、保険金がもらえないこともあります)を理解する上で大事なことは、その仕組みです。 仕組みを知ることによって、生命保険がどういったものなのか理解する事ができます。 まず、生命保険(いざというときにはありがたみを感じるでしょう)は、主契約(基本契約)と特約保険(オプション契約)で構成されています。 主契約とは、定期保険や終身保険、収入保障保険、医療保険といった核となる契約のことです。 そして、特約とは、主契約にはふくまれていないオプション的な保障のことをいいます。 主契約は1つしか契約できませんが、特約(掛け金の負担は増えてしまいますが、その分、いざという時の補償は手厚くなります)はいくつでも付帯させることができるでしょう。 また、特約は基本的には取り外しも自由(自分で自分を制限しないことだと定義している方もいます)です。 生命保険(日本では、普及するまでに時間がかかったそうです)はこういった仕組みになっており、契約する主契約や特約(保険の主契約に契約者が選択して付け加えるオプション的な補償です)によって保険料が大きく異なります。 保険会社は私たちが支払う保険料を株式や債権などに投資をする事によって利益を出し、運営を行っているのです。 その利益を元に、契約者に保険金を支払っていますー